不動産は持っているだけで税金がかかるもの

不動産

不動産は持っているだけで税金がかかるもの

不動産は持っているだけで税金がかかるもの

固定資産税という税金が発生するので、不動産は基本的に持っているだけでコストがかかります。
完全に土地も建物も自分の物にしたとしても、年に一回は出費を迫られることとなるのです。
固定資産税は、不動産の評価額を基準にして決められます。
したがって、額は一律ではありません。
質の高い不動産を持っていればいるほど、支払う額は高くなっていきます。
逆に田舎の過疎地にあるような土地なら、評価額が低いのでたいした額にはならないでしょう。
この税金は、一年に一回、一月一日にその不動産を所有している人に対して課せられます。
つまり、一月二日に不動産を取得したならば、次の年までは税金の心配をする必要がありません。
また、十二月の三十一日に不動産を売却したときにも気にする必要がなくなります。
この税金があるせいで、不動産を所持することに抵抗を感じる人がいます。
確かに不動産は手放すのも大変ですし、下手をすると一生この税金を支払わなければいけないかもしれません。

タワーマンション
お好みのお部屋をお探しいただけます

貸し会議室 東京
企業研修にお使いください

淀屋橋 賃貸
事務所から住まいまでお任せください

賃貸 情報 東京
手ぶらde賃貸でお探しください

リノベーション 滋賀
特注のお部屋に作り替えませんか?

最新記事